遺言書の検認

遺言書(公正証書遺言を除く)を保管している人、またはこれを発見した相続人は、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、その検認を請求する必要があります。
検認とは、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名などの内容を明らかにし、遺言書の偽造・変造を防ぐとともに、相続人に対して遺言書の存在とその内容を知らせるための手続きです。
なお、検認は、遺言書の有効・無効を判断する手続きではありません。
また、遺言書を勝手に開封したり、遺言書を家庭裁判所に提出しなかった場合には、検認手続きを怠ったとして5万円以下の過料が科せられます。

検認の請求方法

・申立人・・・遺言書の保管者、遺言書を発見した相続人
・申立先・・・遺言者の最後の住所地の家庭裁判所

・必要書類
・遺言書の検認申立書1通(相続人等目録を添付)
・申立人、相続人全員の戸籍謄本各1通
・遺言者の出生から死亡までの全ての戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本各1通
・遺言書の写し(遺言書が開封されている場合) など

・申立に必要な費用
・遺言書(封書の場合は封書)1通につき収入印紙800円
・連絡用の郵便切手(金額は各家庭裁判所に確認)

*詳しくは申立先の家庭裁判所で確認することができます。