相続の放棄

相続の放棄とは、被相続人(亡くなった方)のプラスの財産もマイナスの財産もすべて放棄し一切受け継がない、という制度です。
被相続人に多額の借金がある場合や連帯保証人になっている場合など、相続放棄の手続きをしておけば、借金を負わなくて済みます。

相続放棄をするには、被相続人が亡くなったこと(相続の開始)を知った時から3ケ月以内に家庭裁判所に申請する必要があります。

相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったとみなされ、代襲相続(相続権を失った人の子、孫が相続すること)もできなくなります。
また、手続は相続人が単独で行います。一人が相続放棄をすると、相続権は次の順位の相続人に移りますので、一族が借金から逃れるためには第1順位から第3順位までの相続人全員が相続放棄をする必要があります。

必要書類

以下のものを家庭裁判所に提出します。

 ・相続放棄申述書
 ・申述人(相続人)の戸籍謄本
 ・被相続人の除籍(戸籍)謄本
 ・被相続人の住民票の除票
 ・収入印紙800円
 ・返信用の郵便切手400円分
 ・申述人(相続人)の認印