限定承認

限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を受け継ぐ、という条件付きで相続をする方法です。
相続で得た財産の範囲内で借金を返済し、財産より負債が多かった場合には相続人自身の財産から借金を支払う義務はありません。逆に、借金を支払って余りが出た場合には、余った財産を相続することができます。

限定承認の手続きは、相続人全員(相続放棄をした人は除く)がそろって行なわなければならず相続人のなかで1人でも単純承認(一切の財産を相続すること)をした人がいる場合は、限定承認を選択することはできません。
また、被相続人が亡くなったこと(相続の開始)を知ったときから3ケ月以内に家庭裁判所に限定承認申述書を提出する必要があります。

限定承認は、財産目録の作成、相続財産の管理人の選任、公告手続きや債権者への返済など、非常に複雑な手続きを行わなければならないため、実際にはあまり使われていないようです。