遺産分割協議書の作成

相続人が複数いるときには、誰がどのくらいの財産をどのような割合で相続するかを話し合いによって決めなければなりません。これを遺産分割協議といいます。

遺産分割協議が成立するには、相続人全員の一致が必要です。
相続人のうち一人でも反対すれば成立しません。また一部の相続人を除外してなされた遺産分割は無効です。そのため、最初に相続人の確定が必要になります。

相続人を確定したら、相続財産の調査をして財産目録を作成します。
遺言書がある場合は、遺言書に記載されている財産の分配方法が優先されますが、ない場合は相続人全員が納得すれば、どういう風に分配してもかまいません。

遺産の分割が決まったら、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書の作成には決まったルールはありませんが、以下の点で特に注意が必要です。

(1) 財産の内容と相続人を特定すること
   不動産であれば所在地や面積、預金であれば口座番号などを正確に記載する

(2) 相続人全員が名を連ねること
   相続人全員が合意した内容であることを確実に証明する

(3) 印鑑証明を受けた実印を押すこと