不動産の相続登記

相続の発生により、不動産も相続人全員で共有している状態になります。
不動産を共有のまま放っておくと、次の相続が発生しさらに相続人が増えるなど、遺産分割がさらに難しくなってしまう可能性があります。
この共有状態を登記することもできますが、不動産の分割が確定した後に所有権確定の登記をするほうが後々のトラブル防止にもなります。
登記は法務局で行い、司法書士に依頼することもできます。

必要書類

・登記申請書
・登記申請書の副本
・相続証明書(被相続人が死亡したことを証明し、誰が相続人であるかを証明するためのもの)

・被相続人・・・戸籍謄本(改正原戸籍を含む)
除籍謄本
住民票(除票)

・相続人・・・戸籍謄本
住民票

*相続証明書に相続関係説明図を添付すれば登記申請書以外の書類の還付がうけられ、
複数の不動産の登記をする場合でも1組の書類の用意で済みます。

・代理権限証書
本人の代理人が申請する場合(通常は委任状)

・固定資産税評価証明書
固定資産税評価額が付されていないものについては不要

・遺産分割協議書等
遺産分割協議書、遺言書等その不動産を誰が相続したかを証明するもの