そもそも戸籍とは?

戸籍制度は、国民一人一人を出生関係によって登録する制度のことです。
戸籍には、その人の身分関係や本籍地などが記載されています。

身分関係とは、具体的には、出生(親・生年月日)、氏名、婚姻(配偶者)、子、養子縁組、国籍の離脱などです。

本籍地とは、戸籍の所在場所、管理されている場所のことです。
今では戸籍を特定するための役割しか持っていないため、日本国内に存在する場所であれば、住んだことも、行ったこともない場所であっても、好きなように本籍地を決めることができます。よく、本籍地と住民票の住所地を混同してしまう方もいますが、まったく別のものです。

また、昔は「戸主」を代表者とする「家」単位で戸籍を管理していたため、一族のほとんどが同じ戸籍に入っていました。
現在では1つの戸籍に入れるのは1組の夫婦とその子のみです。
子が結婚すると、夫婦で新しい戸籍を作ることになります。